fc2ブログ

2009'03.13 (Fri)

ネギま!昔話「桃太郎 3(最終話)」

どうも、一です。今回はこの前の昔話の続きです。



では早速、ネギま!版桃太郎の最終話をどうぞ!





【More・・・】

negi
「あれが鬼ヶ島・・・!」



鬼ヶ島を見つけた、ネギ一行。



konoka
「もしかして、あのおっきいのが鬼かな~?」



asuna
「そんな、いきなり見えるはずが・・・」




onitaijinooni.jpg

※真ん中に映っている人達は気にしないで下さい。




asuna
「デカイ。ウキー」



setsuna
「これは大物ですね。ケー」



negi
「それじゃあ、皆さん!一気に攻めましょう!」



そして、一行は鬼ヶ島の中へと入っていった。



onisan_1.jpg
「貴様がネギか」



negi
「なぜ、僕の名前を!」



onisan_1.jpg
「ストーリーと尺の都合だ・・・吹っ飛べ!」



鬼はいきなり、物凄い衝撃波を起こした



asuna
「キャー!ウキー」



konoka
「こういう時にもちゃんとキャラを保ってるんやなぁ」



setsuna
「お嬢様、凄くのんきですよ。ケー」



negi
「このままじゃ、みんな外に飛ばされて、海の中に沈んじゃう・・・どうすれば!」



konoka
「ネギ君!ネギ君の背中の袋の中に何か刺さってるえー!」



旅の前に渡された荷物の袋の中から1本の長い何かが見えていた。



negi
「これは・・・ネギ!」



setsuna
「しかも、群馬産!ケー」



konoka
「まさかの下仁田ネギやー」



negi
「産地は別に構いません!これをあの鬼のお尻に刺せば・・・!」



asuna
「刺すったって、どうやって!ウキー」



negi
「それは、こうするんです!ラス・テル・マスキル・マギステル!」



onisan_1.jpg
「何だ、この風は!」



negi
「いっけー!ネギの暴風!」



すると、ネギが風に乗って一直線に鬼のお尻めがけて飛んでいったのでした。



onisan_1.jpg
「!?」



ネギがお尻に刺さった鬼は一瞬のウチに倒れてしまい、ピクリとも動かなくなりました。



setsuna
「勝ったのですか・・・。ケー」



asuna
「そうみたい・・・。ウキー」



konoka
「でも、最後は何だか変な倒し方になってもーたなぁ」



negi
「・・・ありがとう、千鶴御姉様」



こうして、鬼退治に成功したネギ一行は鬼の宝と一緒に、夏美おじいちゃん達のいる村へと帰っていったのでした。



めでたしめでたし。



ネギま!昔話「桃太郎」 完



そんな訳で、以上桃太郎でした!最終的に変なオチでスイマセン(^^;



次回はいつやるか決めていませんが何か思いついたらやりたいと思います。





テーマ : 魔法先生ネギま! - ジャンル : アニメ・コミック

13:00  |  ネギま!昔話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

鬼・・・には違いないけれど、その発想はなかったwww
そして倒し方が千鶴方式

予想のはるか斜め上を行く内容に脱帽です
ランドルト | 2009年03月13日(金) 22:59 | URL | コメント編集

そこでまさかスクナがくるとはwwwww
みなみかぜ | 2009年03月14日(土) 16:44 | URL | コメント編集

ストーリーと尺の関係で省かれた部分がすごい気になるwwww
朱鴉 | 2009年03月14日(土) 21:37 | URL | コメント編集

返信~。

>ランドルトさん
鬼ですよー鬼。やっぱ迫力が無いとw

倒し方はやっぱ最初に千鶴を出した時点でこんな感じにする予定でしたw

>みなみかぜさん
スクナは一番鬼っぽいですからw

>朱鴉さん
まぁ、気にしちゃ負けって事でw
一 | 2009年03月15日(日) 21:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/1043-5c5f0b30

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |