fc2ブログ

2006'12.21 (Thu)

2006年ネギま!十大ニュースに参加します。

黒猫さんのサイト『猫とネギま!と声優さん』で行っている企画『2006年ネギま!十大ニュース』に参加したいと思います。


この企画はTB企画じゃないですが、カテゴリが無かったので、TB企画に入れておきます。


それでは、一のネギま!10大ニュースを発表します!(ニュース形式で)



こんばんわ。『この系ニュース』の時間です。


まず最初のニュースです。

■『魔法先生ネギま!』第2期アニメ化決定!

 2005年、アニメ界の話題をいい意味で持っていった『魔法先生ネギま!』が装いも新たに2006年10月4日にアニメ化されました。

 2005年にアニメ化され、ネタの数々や作品の作りこみ方でも話題となったアニメ『ぱにぽにだっしゅ』のスタッフが今回、『ネギま!?』とタイトルを変えて、再アニメ化されました。

 今、現在も大人気放送中の『ネギま!?』ですが、一部のファンからは『ぱにぽにの劣化版』や『キャラの設定変えすぎ!』などという批判がありますが、新しい層を獲得している辺り、このアニメ化は成功だったと考えます。


続いてのニュースです。

■ネオ・パクティオーカード、ネギま!関連の商品に付く。

 『ネギま!?』オリジナルのパクティオーカード、『ネオ・パクティオーカード』が、ネギま!関連の商品に付く事が今年、分かりました。

 ネオ・パクティオーカードは31人に3枚(アーマー、コスプレ、スカ)ずつの計93枚という大量の数のカードが登場しましたが、そのカードの付いている商品の値段にすごい差がある事に好きキャラが値段の高い商品に付いているファンは嘆きや落胆の表情を浮かべています。

 アニメも大人気放送中の『ネギま!?』をうまく使った、商品戦略と考えられます。


続いてはおめでたいニュースです。

■『1000%SPARKING!』オリコン初登場7位獲得!

 11月8日に発売された『ネギま!?』OP曲『1000%SPARKING!』が、週間チャートで7位を獲得しました。

 ネギま!の曲としては、週間チャートのTOP10以内に入ったのはこれで18枚目で、2004年12月に発売されました『文化部4人組』から計算して、TOP10入りが今回の曲で11回連続となります。


続いてはかなしいニュースです。

■CDTVで近衛木乃香の名前が間違えられる。

CDTV.jpg

※画像はELTEさんのサイトからお借りしました。


 11月8日に発売された『ネギま!?』OP曲『1000%SPARKING!』がTBS系の音楽番組『CDTV』でまさかのキャラの名前を間違えるという事件が起こりました。

 近衛木乃香はネギま!キャラとしては人気もかなり高いキャラクターです。だが、CDTVのスタッフには「全員同じだろう」と考えを持たれていた結果、引き起こされた事件だと考えられています。


続いてのニュースです。

■初のネギま!ファンブック『ネギパ!』発売。

 魔法先生ネギま!の初のファンブック、『ネギパ!』が今年の8月に発売されました。

 キャラクターを15組のグループに分け、15ヶ月連続で発売されるというすごいファンブックです。毎回、カラーで紹介されるキャラクターのイラストや後ろのページに書いている、たくさんのネギま!関係のネタ記事。原作者である、赤松健やアニメのキャラの声を担当している声優さんのインタビューなど、1コインでありながら、たくさんの内容が詰め込まれた、ファンにはたまらない一冊になっています。


続いては芸能ニュースです。

■超役の大沢千秋さん引退。そして、新しく高本めぐみさんが超役に抜擢

 2004年から2年間、超鈴音役として、活躍していました大沢千秋さんが、結婚とともに寿退社をしました。

 大沢千秋さんは2000年に声優として活躍し、『SAMURAI7』や『おとぎストーリー天使のしっぽ』など、たくさんの作品に登場しました。

 2004年、『魔法先生ネギま!』がアニメ化するという事で、超鈴音役に抜擢され、その独特の中国人風の日本語で、ネギま!ファン、およびアニメファンに絶大な人気を獲得しました。

 2006年4月、電撃結婚とともに、声優界を引退。超の声は、『ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~』の主人公、苺原桃子役でその演技が話題となった高本めぐみさんが、後を引き継ぐ形で今後の超の声を担当する事になりました。


続いてのニュースです。

■ネギま!声優、相次いで改名する。

 古菲役の田中葉月さん、大河内アキラ役の山本杏美さんが、今年、新たに、Hazukiさん、浅倉杏美に名前を改名されました。

 同時期に2人も改名するアニメは今まで初めてで、この出来事は今後のアニメ界でも話題となるでしょう。


続いてのニュースです。

■ゆう画伯誕生!

 今度は変わったニュースです。桜咲刹那の声優でお馴染みの小林ゆうさんが今年、ラジオで描いた、桜咲刹那のイラストが話題となって、ついに画伯とまで呼ばれるようになりました。

 小林ゆうさんは、声優としては、今現在、爆発的な人気を持っていますが、イラスト面では、はいだしょうこ、草剛と共に、『世界三大画伯』として、個人的に登録されました。


続いては、インターネットのニュースです。

■ネギま!専用ソーシャルネットワークシステム『ネギま!SNS』開設!





 8月23日、じっぱ~さんのサイト『ろーふりっぱ』でネギま!ファンの為のソーシャルネットワークサービス『ネギま!SNS』が開設されました。

 簡単に説明しますと、mixiのネギま!版で、ネギま!SNSでは、ネギま!ファン達との交流や、ネギま!関連の日記など、ネギま!ファンにとっては、かなり楽しいサービスになっております。


最後のニュースです。

■今年の7月18日。『この系』が開設されました!

 一がやっていますブログ『この系』が今年の7月18日に開設されました。

 いろいろなネタを仕込むので話題のこのブログ。管理人の一さんは「ネタを考えるのはあまり得意じゃないですね・・・(^^;」とコメントしておりました。

 近々、すごい事が起こるそうですので、皆さん楽しみに待ったいて下さい。


以上!『この系ニュース』をお送りしました。
 

テーマ : 魔法先生ネギま! - ジャンル : アニメ・コミック

21:48  |  TB企画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

アニメ2期のキャラの設定変えすぎっていうのは自分も思いました。

最近見てるとどこか違うというか、キャラのイメージが変わり過ぎな感じがします。

笑いを優先させたというか、刹那はもっとしっかりしてるし、チアもあんなでは・・・

・・・決して嫌だという訳では無いですが、なんか少し抵抗あります。

やっぱり原作が一番?かと思いきや、最近バトル続きでなかなか話が進みませんし・・・。

もう、そろそろネギま本来の形に戻って欲しいです。

生徒達との日常の生活とか、生徒個人に注目した特別な話、例えば亜子の背中の傷とか過去とかも気になりますしね。

温かくなるような話がみたいです。






檜佐木 | 2006年12月22日(金) 23:15 | URL | コメント編集

返信~。

>檜佐木さん
そうですね。早く、原作も学園編に戻って欲しいです。

バトルも有りだと思うのですが、正直言って長すぎです・・・1年って・・・。

アニメも設定だけは残して欲しかったです。あれじゃあ、ネギま!じゃないです・・・。
一 | 2006年12月22日(金) 23:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/196-243ac246

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |