2016'05.15 (Sun)

雑記 1652

どうも、一です。


まずは企画の宣伝からです。


セリフ替えカーニバル! 58


現在募集中です!


締め切りは5月26日(木)の23:59までですのでお間違いなく!


皆さん、是非ともご参加下さい!


皆さんからのたくさんの投稿を待っています!


それでは雑記ですー。


艦これはE6丙を無事クリアして、E7に挑み始めたところです。そんな今日は艦これの話じゃなくて、先程映画館から帰ってきたのでその話です。


今日、遊戯王の劇場版を見てきました!今週が上映最終週でマハードが配られるのですが、劇場はかなりの人でした。


遊戯王はどこの劇場でも上映本数が少ないようで、ウチの地元も夜にしかやっていませんでした。なので先程帰ってきた訳なのですw


遊戯王の映画は2時間程あり、前作よりもかなり長く、内容もかなり濃厚でした。


ここからは劇場版の感想。ネタバレはあまりしないように語りますが一応ネタバレ注意です。


今回原作の後日談という事でストーリーが描かれているのですが、懐かしさと新しさを感じました。今まで遊戯王に出てきたキャラがアニメの声そのままですからね。2000年当時、東映版のイメージが強く、正直新しい遊戯王のキャラの声に馴染めなかったのですが、そこから放映していた約4年でキャラに慣れて演技に慣れてイメージが固まった状態で終了したあのイメージがまたスクリーンで味わえるのには感動しました。遊戯王が終わってもう12年経ってますからね。それなのにそのままですから!


あとはやはり登場キャラが魅力的でしたね。今回のメインは遊戯と海馬、そして劇場版のキャラである藍神なのですが、3人それぞれのストーリーが2時間の中で描かれていましたね。遊戯は将来を見ていて、海馬はアテムの呪縛に囚われ、藍神は復讐に燃えていた・・・3人の違うストーリーが段々と交わっていく感じが気持ちよかったです。


気持ちよかったといえばやはりメインのデュエルですね。今回デュエルが5回くらいあったのですがどのデュエルも見応えがありました。今回特殊なデュエルもあったのですが、さすが遊戯王、勢いが凄かったです。


新規カードの能力に対して説明があまり無かったのですが、それでも勢いで何となく分かりましたからね。新規は勿論、今まで使われてきたカードや過去のカードの亜種もかなりの数登場するので、従来のファンにとってはかなり楽しませて貰えました。


特に海馬がある有名なカードを召喚するのですが、それをドローするシーンは色々な意味で見ものですね。まさかそこからドローするのかってなりましたw


他にも語りたい事が山ほどあるのですが、とにかく遊戯王ファンもそうでない人にも楽しめる作品でした。最後のシーンは賛否両論あるようですが、僕は最後のシーンは納得できたので大丈夫でした。


遊戯と海馬と藍神の物語、まだ間に合いますので是非見てみて下さい!


そんな訳で以上雑記でしたー。




23:15  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/3667-1ec55271

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |