2016'08.14 (Sun)

雑記 1732

どうも、一です。


まずは企画の宣伝からです。


このワングランプリ 1


現在募集中です!


締め切りは8月25日(木)の23:59までですのでお間違いなく!


皆さん、是非ともご参加下さい!


皆さんからのたくさんの投稿を待っています!


それでは雑記ですー。


今日、巷で噂のシン・ゴジラを観に行きました。ゴジラシリーズは子供の頃大好きでVSモスラ辺りからVSデストロイヤーまでは毎回見に行っていたのですが、そこからは全然見ていなかったんですよね。


その後のシリーズはたまにロードショーとかCSでやっているのを見ていたくらいですね。映画で観たのは本当に久々でした。


ここから少しネタバレが入るかもしれませんが、極力ネタバレをしないように乾燥を語っていきます。


正直、子供の頃のゴジラのイメージは怖いけど他の脅威と戦ってくれる敵というイメージが強かったのですが、今回もそのイメージを持ちつつも今回のゴジラは恐ろしいという情報を聞いていたのでそのイメージも一緒に持っていました。


そんな脳内情報で観に行ったのですが・・・見終わってからここまでゴジラに恐怖を感じた事は無かったと思うくらいにゴジラに恐怖していました。


そして、小声で「・・・この作品すげぇ」って言っている自分がいましたw


今回のゴジラは一言で言うと「会議室での戦い」ですね。終わった後、見ていた周りの人が口々に「訳が分からなかった」と言っていたのですが、その気持ちが凄く分かるくらい二転三転と会議室の中で状況が変わっていくんですよね。もう途中で何が起きているか分からないレベルで。


ただ、それでも何をすべきか、どうすればゴジラと戦えるかというのをお偉いさん達が語っているんですよね。しかもその1人1人が何かしらの考えを持っているんですよ。


最初ゴジラが1つの現象として対処しようとしていたのが生物と分かって四苦八苦しつつさすがに海からは出ないだとと思っていたらいきなり陸上に上がってきて走り回り、何も攻撃してこないだろうと思ったら思いっきり攻撃してきて近づかなければ大丈夫だろうと思っていたらいきなり体中から熱線を放つという状況が目まぐるしく変わっていくんですよ。


それを1つ1つ政治家や自衛隊が対処方法を考えて行動していくのですが、ゴジラという実在しない恐怖に対して実在する団体の方々が奮闘しているのを見ていて人間の強さと弱さ、何事も自由に動けない世の中を実感しましたね。ホント予想外の恐怖に対してここまで動けないんだなって感じましたよ。


そしてストーリーも見所が多いのですが、それを演じる俳優陣の名演も凄かったです。300人以上の俳優とそれ以上のエキストラの方々。どこを取っても重要な立ち回りなんですよね。特に主人公の矢口を演じる長谷川さんの名演は見ていて鳥肌が立ちました。


約120分の中にこれでもかというくらい詰め込まれた庵野監督テイスト。そういうのが好きな人と特撮が好きな人には個人的にオススメします。特撮部分は予想通りかなり拘っていたので。俺の中での庵野さんのイメージが完全にアオイホノオの庵野さんなのでw


あと見た人は大体感じていると思うのですが、エヴァのBGMのアレンジが各所で使われているんですよ。流れた瞬間物凄く反応してしまうんですよね。ただ、聴いていてサビ(?)に入らないもどかしさを感じましたw


ホント見に行って気持ちいい特撮を見た気がしましたね。ただ、パンフが売り切れていた事だけが心残りですね・・・(^^;


そんな訳で以上雑記でしたー。




23:01  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/3758-dc634c85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |