2017'02.19 (Sun)

雑記 1901

どうも、一です。


まずは企画の宣伝からです。


このワングランプリ 7


現在募集中です!


締め切りは2月23日(木)の23:59までですのでお間違いなく!


皆さん、是非ともご参加下さい!


皆さんからのたくさんの投稿を待っています!


それでは雑記ですー。


艦これE-3乙クリアしました!これで僕の2017冬イベは一旦終了ですね。最終報酬の伊14も無事手に入りました。


2017huyuibeE3_i14.jpg


ただ、伊13は攻略中に手に入らなかったのでこの後は掘り作業になりますね。藤波もまだですし、今回はE-1に前回逃した伊26もいるので何としてでも手に入れたいです。なので、今はE-1で掘り作業しているところです。


今回は甲で最初攻略していたのですが、硬さと辛さに断念して乙に下げた影響で予定より遅くなりましたね。唯一ガッツリ使える今日はニコ生のぱにぽにだっしゅ!のタイムシフトを見ながらラスダンまで持っていき、その後休憩してから少し前に終わらせたところです。正直今回はギミックも多かったので大変でした。


乙にしてからは装甲破壊ギミックに少し手こずり、嫌な予感を感じながらボス削りをしたのですが、全然S勝利が取れず正直丙にしないといけないのかとさえ感じましたね。ただ、一度装備と航空機を見直したら無事S勝利を取れたので何とかなると思いました。


それからラスダンになってからの1回目の撃破は嫁艦の北上さんの大活躍で無事一発クリア。2回目のゲージ破壊前にギミック任務を攻略して2回目のラスダンに入ったのですが・・・ここからが地獄でしたね。


予想以上に沼りましたね。司令部無しでの攻略なので道中大破だと即撤退。正直軽空母(特に千歳)の大破が多かった。あと高速戦艦で縛っていたのですが、途中で低速でも大丈夫という事で長門、陸奥、大和を投入。ただ、それでもボスを撃破出来ずに数回突入しましたね。このラスダンばかりはウチの北上さんが全然決めてくれないで負けた事が多々ありましたよ(´・ω・`)


ただ、最後は最初の航空支援で空母おばさんの片方を破壊、昼戦でボスのみ残した状態で夜戦突入。6隻全員行動出来る状態だったのですが、最初の夕立が一発で決めてくれたので無事クリア出来ました。さすが夕立、ソロモンの悪夢は伊達じゃないね!


今回のイベントに関しては終了後に語りますが、とりあえず・・・またこの海域行かないといけないのかと思うとちょっとしんどいですね(^^;;;;;


まぁ、何にせよ先に伊26を掘らないと・・・!


そんな訳で以上雑記でしたー。




23:05  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

E1、E2と甲クリア
E2で藤波ゲット
潜水艦艦隊は2つ分保有し平均レベル80。
阿武隈と雷巡はE3のために保存成功

そんな私が、E3甲で苦戦中。
全てキラ付けすると絶対に彩雲のせた軽空母が途中大破する症候群にかかってます。
ギミック解除したけど
意地でも甲クリアしますが、無理ならラスト1日で丙クリアします。

でも今週いっぱい出張なんだよねー。
あまり艦これできない。
FLOW | 2017年02月19日(日) 23:39 | URL | コメント編集

返信~。

>FLOWさん
藤波おめー!ウチはE2は乙でクリアしましたね。ただ個人的にE2で阿武隈と秋月を使ったのは本気で失敗したなとは思っています(^^;

とりあえずクリア出来ない場合は下手に行くより、伊14を優先した方がいいと僕は思っていますね。最終報酬は次手に入るのいつか分かりませんし。
一 | 2017年02月20日(月) 22:36 | URL | コメント編集

回「結局E3は丙で突破した回提督です」
点「E2乙で雷巡と阿武隈使った結果がこれだよ!」
原「新規ドロップも高波以外散々ですじゃ…」
回「空母おばさんと古姫BBAとユグドラシルとドンサウザンドとつけもの絶対に許さねぇ!」
原点回帰 | 2017年02月21日(火) 22:32 | URL | コメント編集

返信~。

>原点回帰さん
許さないの多すぎるフレンズなんだね!

まぁ、ウチも阿武隈使って悪戦苦闘したので今後のイベントでは阿武隈は最後まで温存しようと思ったw
一 | 2017年02月21日(火) 23:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/3946-6e024ff5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |