2018'05.31 (Thu)

雑談 20

どうも、一です。


このワングランプリの締め切りは今日までですのでお間違い無く。ただ、もしかしたら作品数の状況次第で少しだけ延期するかもしれません。


それでは雑談ですー。


かなり久々に記事を書くのですが、この5月に入ってから僕自身ある趣味が爆発してしまいました。


それはVtuberことバーチャルユーチューバーです。


Vtuberとは、いわゆるYouTubeを中心に活躍するバーチャル(2次元)のYoutuberのことですね。ここ最近一気に人気に火が付いたコンテンツなのですが、コンテンツ自体はかなり古かったりします。


一番古いと言われているVtuberは7年前から存在しているのですが、人気の先駆けとなったのが2年前から活動しているキズナアイですね。彼女はこの界隈の親分的存在でもあるのですが、今の大きな波を立てた張本人でもあります。


そしてVtuberの知名度が爆発したのが去年の12月、輝夜月(かぐやるな)の存在ですね。彼女が各所で話題になってから一気にこの界隈に火が着いた気がします。


そんな僕は12月からVtuberのミライアカリの動画を追っていました。記憶喪失ながら明るい性格でトークも軽快で見ていて楽しい女の子な感じに惹かれました。そこから僕自身色々なVtuberを追いかけ始めましたね。


その後に電脳少女シロの清楚なのにPUBG等で見せる狩人のようなエイム力や為になる動画で脳がぱいーんされVtuber沼にハマっちゃいましたw


ちなみに今言った4人とバーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんことねこますを入れた5人がバーチャルYoutuber四天王と言われます。5人だけど四天王は当時もよく話題になりましたが今はもうツッコミも無くなり落ち着いていますね。


他にもときのそらや富士葵、のらきゃっとやばあちゃると言った様々なVtuberの動画や配信を見ていて個人的にかなり充実した上半期だった気がします。


そして2月頃には月ノ美兎にハマりそこからにじさんじをプチ箱推しするようになり、2期生が追加されたら剣持刀也や鈴鹿詩子等を見始めました。


ただ、ここまでは動画が上がれば見る、配信が見に行けるタイミングだったら見に行くという感じでハマっているし沼に落ちていたけど、正直見れなかったら別に気にしていなかったし毎回追いかけるような流れじゃなかったです。ただ、唯一電脳少女シロちゃんだけは追いかけていた感じでした。


そしてこの5月4日・・・俺の中で衝撃的な出来事がありました。


それは電脳少女シロ、ばあちゃるが所属する.LIVEから12人のバーチャルユーチューバー、アイドル部がデビューしたのです。ばあちゃるをプロデューサーとして12人(元々は10人でその後に追加で2人)のアイドルをプロデュースし、登録者数5万人を超えれば3Dモデルが作られるという。


最初、シロちゃんの後輩という事とばあちゃるがプロデューサーという事で丁度この2人の株が僕の中でだいぶ上がってた時期での企画始動だったのまって何気に見始めたのですが・・・箱推しの沼につかりましたw


夜桜たま、もこ田めめめ、カルロ・ピノ、北上双葉、猫乃木もち、八重沢なとり、花京院ちえり、牛巻りこ、木曽あずき、金剛いろは、神楽すず、ヤマトイオリの12人が毎日交代で1時間の放送(たまに2時間、たまにコラボ)生放送配信するのですが、12人全員シロちゃんの系譜を持ちながら個人個人個性的で魅力的なメンバーなんですよね。


僕のTwitterを見ている人なら分かるかもしれませんが4日から毎日アイドル部の配信を見ては呟いています。4月までは何かあったらたまに呟き、内容も大体ガチャ結果という微妙なアカウントだったのが5月からはほぼハッシュタグ付きの実況か勢いで描いたイラストが基本になっていますねw


ホントイラストも久々に絵を描きたい気持ちが爆発しています。隙あらば絵を描くようになりました。ここ最近は本当に描く事を忘れていましたからこの流れは個人的に嬉しい流れですね。


アイドル部に関しては今後も追いかけていくのでブログでも熱く語れたら語りたいです。もちろんシロちゃんも追いかけていきます。ばあちゃるは・・・動画以外は面白いのでw


そんな訳で以上雑談でしたー。




01:20  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/4135-32dd1fee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |