FC2ブログ

2008'11.15 (Sat)

まきステ! 復活1日目!(通算13回目)

「はんなりしたサイトを目指す『この系』が0時をお知らせします」







ピーーーーーーーー!!!!!!!







makie
「1年ぶりに復活だよ!」



makie
「まきステ!」






makie
「皆さん、お久しぶり~!佐々木まき絵だよ」



ako
「久しぶりやな~。和泉亜子や~」



makie
「何と!1年前に終わった『まきステ!』が今日、明日の2日間限定で復活する事となりましたぁ!」



ako
「いえー」



makie
「はいはいはいはい~。今日と明日はプロデューサーさんが東京へ行ってしまったという事でこの2日間のお留守番を兼ねて、こうやって私達が呼ばれたって訳なんだよね~」



ako
「それと、この前のセリフ替え企画の朱鴉さんからのリクエストもあったりしたから、タイミング的にはジャストって訳やな~」



makie
「そういえば、この復活ってかなり前から計画されてたそうだよ~」



ako
「確か夏くらいからずっと考えてたって言ってたなぁ~」



makie
「まぁ、ウチのプロデューサーは変な人だからこういった事を隠したがる癖があるんだよね~」



ako
「せやから、お葉書もリクエストも何も無いんよね~」



makie
「つまり、この30分間をフリートークで繋げって事!?」



ako
「プロデューサーは何か詰まった時にどうぞって感じで2枚のお品書きをウチに渡してくれとるけどな~」



makie
「えー!?亜子だけずる~い!」



ako
「まーまー」



makie
「それじゃあ、その2枚のウチの1枚、もう見ちゃおうよ!」



ako
「それは早すぎとちゃう?今回、ゲストもいるんやし」



makie
「あ、そうか。じゃあ、CM入っちゃおうか~?」



ako
「プロデューサーがいないとすぐにこうなるんやから~」



makie
「気にしない気にしない~♪」



ako
「それじゃあ、これからの30分。ウチらとお付き合いしてな~♪」









ako
「「『まきステ!』ははんなり~したブログを目指すサイト『この系』の提供でお送りするで~」










【More・・・】

makie
「CM明け~」



ako
「それじゃあ、2日限定の復活祭。まず1日目のゲストは、この方や!」



yuna
「やっほー!・・・明石裕奈です」



makie
「ゆーな!・・・で、何で敬語?」



yuna
「え!そこを突っ込んじゃうんだ」



ako
「今回のゲストは明石裕奈さんや!・・・さん付けは違和感あるな~」



yuna
「何時ものメンバーだからね~。たぶん、リスナーはもう気づいていると思うけど、明日はアキラが来るみたいだよ~」



makie
「ドキドキ感を壊さない!」



yuna
「ごめんごめーん」



ako
「それじゃあ、1枚目のお品書きや~。『ODAについて語っちゃえばいいんじゃない?』やって」



yuna
「何、その投げやりな書き方・・・」



makie
「そういえば、単行本の24巻とOADの2巻が発売するよね!・・・明後日だっけ?」



ako
「もう発売されている地域もあるんとちゃうかなぁ?」



yuna
「じゃあ、ネタバレとか無しでいろいろと語っちゃおうか~?」



ako
「せやね!」



makie
「OADの2巻は私達が温泉でいろいろとやっちゃう話なんだよね~」



ako
「まぁ、ウチやゆーな、まき絵はどっちかというとメインとちゃうんやけどな」



makie
「え?私はメインだよ~」



yuna
「まき絵はネギ君争奪戦に参加してるからね~」



ako
「ウチは温泉回だと出番が少ないから・・・」



yuna
「はは~ん・・・そんなに胸が気になるのかにゃ~?」



makie
「ゆーなは胸が大きいからいいじゃん!」



yuna
「へへーん!最近、ホント胸が大きくなって困るんだよね~」



ako
「羨ましいなんて思ってへんで!」



yuna
「もー、強がっちゃってー」



makie
「その胸の半分くらい私達に分けてよ!」



yuna
「うーん。分けてあげたいのは山々なんだけど~。無理だからね~」



makie
「うー」



yuna
「あ、もしかしたら朝倉の胸の大きさ、抜いてるかも~」



makie
「ゆーながナンバー4の座を取ったって事!?」



yuna
「かもしれないにゃ~」



ako
「あ、今1通のお便りが届いた」



makie
「嘘!?」



ako
「え~と・・・PN:麻帆良のパパラッチさんから」



yuna
「え・・・それって・・・もしかして・・・ちょっと!亜子、そのメール見せて!」



makie
「PNから考えると・・・だよね~」



yuna
「・・・ガクガクガクガク」



ako
「どしたん?」



yuna
「え~と・・・とりあえず、胸の話は無し無し無し!今の話、全部無し!」



makie
「どうしちゃったの!ゆーな!」



ako
「もしかして、なんか朝倉に弱みでも握られたんかなぁ?」



yuna
「よし!次のお便り行ってみよう!」



makie
「今日、お便り無いよー」



yuna
「とりあえず、CM入って!!!!!!」



ako
「え?あ、では一旦CMや~」







『まきステ!』







~CM~




konoka
「皆さん、お久しぶりやな~。木乃香や~。今回、プロデューサーの方からメッセージが届いとるえ~」





一「皆様、お久しぶりです。『まきステ!』の2日限りの復活という事で、皆さん是非ともこの雰囲気を楽しんで下さい」





konoka
「今回の復活、皆さんも存分に堪能してな~」





konoka
「そんな訳で以上、CMでした~」









『まきステ!』







makie
「ゆーな、落ち着いた?」



yuna
「うん。まぁ、今度朝倉に謝っておく」



ako
「ホンマ、凄い弱みを握られたみたいやなー」



yuna
「気にしない気にしない~ズズズズズ」



ako
「ちなみに今、目の前に美味しそうなお菓子と飲み物があるで~」



makie
「このクッキー美味しいよ~」



ako
「プロデューサーが『まきステ!』復活祝いにいろいろと用意してくれとったみたいや」



yuna
「気が利いてるね~。このキャラメルミルクティー美味しい~♪」



makie
「何だかこういう時に限って嫌な予感がするんだけどね・・・」



yuna
「え?そうなんだ~」



makie
「・・・気のせいかな?あ、それじゃあ、2枚目のお品書きを読もうよ~」



ako
「せやな~。それじゃあ2枚目。『モノマネとかやってみたら?』」



yuna
「凄い無茶振りだ・・・」



makie
「予感てきちゅー!」



yuna
「アメとムチだなぁ」



makie
「・・・もしかして、これって明日もあったりする?」



ako
「明日には明日用の2枚のお品書きがあったりするで~」



yuna
「今日はある意味ハズレクジかな・・・」



ako
「とりあえず、ジャンケンで負けたもんがやるってのはどう?」



makie
「お!それいいね!」



yuna
「で、そう言ってたら、まき絵が負けたりするんだよね~」



makie
「そんな事無い無い~。それじゃあ、いくよ!」



ako
「じゃんけん!」



yuna
「ポン!」



makie
「・・・負けたぁ」



ako
「それじゃあ、まき絵。モノマネどうぞ!」



makie
「それじゃあ、『とらドラ!』の櫛枝実乃梨のモノマネするね」



yuna
「え・・・それって・・・」



makie
「盛るぜぇ~!超盛るぜぇ~!」



ako
「それは反則すぎるやろー!」



makie
「だって、持ちキャラ無しとは言ってないんだもん!」



yuna
「ま、まぁ時期的にジャストヒットしてるから大丈夫だとは思うけど・・・」



ako
「せやなぁ~。今回は特別やで~」



makie
「やたー」



ako
「あ、気づけばもう時間やな~」



makie
「え?もう終わり?」



yuna
「ホント、時間って経つの早いね~」



ako
「そんな訳でCMや~」









『まきステ!』








makie
「エンディング~」



ako
「お2人は、久々の『まきステ!』はどうやった?」



makie
「1年のブランクはあるけど、やっぱこういった場所っていいよね~」



yuna
「そうそう~。私も初期の頃からゲストで出てたから久々に参加出来て嬉しかったよ!」



ako
「ウチも久々のラジオで楽しかったわ~」



makie
「また明日もあるから、その時には今日以上にはっちゃけるつもりだよ!」



yuna
「えー!じゃあ私も明日行こうかなぁ?」



ako
「ゆーなも来たらえーよ!」



yuna
「でも、残念ながら明日はバスケの練習試合があるから」



makie
「残念・・・でも、明日はゆーなの分も楽しんで来るよ!」



yuna
「OK!」



ako
「もうそろそろ時間やな~」



makie
「それじゃあ、今日の『まきステ!』はここまで!お相手は佐々木まき絵と」



ako
「和泉亜子と」



yuna
「明石裕奈がお送りしました!」



makie
「それじゃあ、皆さん!また明日会おうね~!!」







ako
「この番組ははんなり~したブログを目指すサイト『この系』の提供でお送りしたで~」







テーマ : 魔法先生ネギま! - ジャンル : アニメ・コミック

00:00  |  まきステ!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://konokei.blog58.fc2.com/tb.php/923-fd862c5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |